ブランディングで企業のイメージUP~ビジネスチャンスを作る~

案内

用途に合わせる

案内

横断幕といってもそのサイズは小さなものから大きなものまで幅広く存在しています。サイズが違うことによってどんな違いが出るのかというと、遠くから見たときのインパクトや設置できるかどうかが決まります。
特に企業の広告として使うのであれば、なるべく大きな横断幕を用意し遠くからでも通行人の目を惹くようなものを印刷してもらいましょう。そうすることによって、同じ印刷がしてある横断幕であってもかなり効果が良くなることもあります。横断幕の大きさを変えて印刷してもらうということは料金も異なるということです。どんな業者に印刷を依頼するかによって横断幕の料金は異なりますが、なるべく見積りを出して他の業者と料金を比較してから選ぶようにしましょう。選ぶときの基準は他にもたくさんありますが、他の業者と比較することで様々な違いがわかるので、失敗を避けることができます。横断幕のサイズを大きくすればそれだけ様々な人にアピールすることが可能ですが、その分、制作費用が高くなってしまいます。また送料や消費税も加算されるので、本当にコスパが良いのかどうかを判断しなくてはいけません。
大型の横断幕はビルなどに飾ることができるので、より通行人に注目してもらえます。しかし、屋外に設置するタイプがほとんどなので、台風などの災害で飛ばされしまうリスクも考えなくてはいけません。対策の方法はいくつかありますが、注文して印刷する前にどんな対策が良いのか業者に聞いて見ることも良いでしょう。